YouTube

YouTubeで1000人以上に登録してもらえた動画編集、投稿の3つのやり方

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

YouTubeを運営し始めたなら、やはり目標となるのは「登録者数1000人」でしょう。

1000人という数自体がスゴイのはモチロンですが… 収益化の境目となるのが1000人です。

正確には… 収益化させるには以下のハードルがあります。

  • 登録者数1000人以上
  • 過去12ヶ月の総再生時間が4000時間以上

私の経験則では、「4000時間以上」は難しくないです。1000人以上に登録してもらえれば、再生時間は4000時間超えます。

でも… この1000人という数値。

はっきり言って… 途方もないです。

そりゃあだって、自分の作った動画で1000人の方を振り向かせるわけですから。

私は、なんと心折れずにコツコツ続けておりましたら、運営チャンネル(ケロケロちゃんねる)で1000人以上の方に登録して頂けました。

YouTube運営し始めてから、2年ほど経過して1000人の方に登録してもらえました。

今にして思えば、よく飽きなかったなぁ… と思います。

例えば…以下のような能力があれば、すぐに1000人以上の方に登録してもらえるんだろうと思います。

  • 他のSNSなどで知名度がある(運営者自身にブランドがある)
  • 流行りの動画を察知できるマーケティング能力がある

ちなみに私は、このいずれにも当てはまりません。

それでも1000人以上に登録してもらえたのは、結局のところ「コツコツ続けられたから」だと思っています。

…というわけで今回は、「1000人超えるまでコツコツ続けた動画編集のやり方」をまとめます。

ケロケロ

まだ終わりじゃないぞ、もうちょっとだけ続くんじゃ

ウサギ

その仙人じゃない

あくまで私の経験則ですが、参考にしてもらえると嬉しいです。

1000人突破までコツコツ続けられたメンタル的な内容は、コチラ↓の記事を参考にどうぞ

YouTubeの登録者数1000人まで、飽きずにコツコツと動画編集を続けられた7つの方法・やり方 YouTubeの壁…とも言える、登録者数1000人。 1000人を突破することで、収益化も可能になります。 しかし、1...

この記事は、「動画編集のやり方」に特化した内容です。

1.台本代わりに、ブログを書く

いや…待て待て。

動画編集なのに、なんでブログを書かなきゃいけないんだ…?

と、思われるかもしれませんが、すごく大事なことなんです。

動画編集を始めるのに必須なのが、台本です(あくまで私の場合)

予め動画の構成を考えておかないと、途中でメチャクチャになります。

…なので、その台本としてブログを書くのがオススメなんです

ブログ・動画も「人に見せるモノ」ので、ブログでしっかりと構成を考えておけば、それがそのまま台本にできます。

私も、ブログ(DIYでプチカスタム)を台本にして、YouTube(ケロケロちゃんねる)の動画を編集しています。

ブログで構成が出来上がっているので、動画を編集する時に、構成に頭を悩ませる必要がないんです。

ブログを台本にするメリット
  • 動画は途中で修正するのは大変だが、ブログなら割と簡単。
  • ブログでしっかりと動画の構成を作りこめる
  • ブログ自身も収益化できるので、台本以外のメリットがある
  • ブログへのコメントなど、反応があるので「コツコツ続ける」モチベーションが上がる
  • ブログ・YouTubeで相互リンクが貼れる(お互いの流入を見込める)

動画編集以外にブログも書くというのは、大変だとは思います。

だがしかし!

「コツコツ続ける動画編集のやり方」として、長い目で考えればオススメの方法です。

台本代わりのブログで構成を作りこんでおけば、結果的に「見やすい動画」になります。

そうすれば、登録してもらいやすい…と思います。多分きっと。

1-1. 構成について

私が動画の構成(台本代わりのブログ)で、もっとも気をつけているのは…

「最初に答えを言っちゃうこと」です。

例えば、私の運営チャンネル(ケロケロちゃんねる)では、タイトルや動画の冒頭で、動画の内容が分かります。

コチラの動画↓も、最初に答えを出してます。

テレビ的な手法だと、最後の最後まで答えを引っ張るやり方があります。

例えば…上の動画だと、カスタムした後の画像をモザイクで隠しておく…といった手法です。

テレビ的手法は、答えを隠して興味を煽ることで、最後まで見てもらう手法… だと思いますが、「答えが、よっぽど意表を突く内容」でないと、視聴者はガッカリします。

それよりも、

  • 動画のタイトル・冒頭で、動画内容の答えを出しておく
  • その後、その詳細を動画でまとめる

とした方が、「期待を裏切らない内容」になるので、登録してもらえやすいと思います

扱う動画のジャンルが、「エンタメ性の高い内容」であれば、答えを隠すテレビ的手法も良いだろうとは思います。

…まぁ、ケースバイケースですなぁ。

2.使いやすい動画編集ソフトを使う

動画編集をするなら、動画編集ソフトが必須です。

無料版、スマホ版…などなど、様々な動画編集ソフトがありますが、やはり「PC版の有料ソフト」がオススメです。

私のオススメは、圧倒的にPowerDirectorです。

有料ソフトなのでコストは必要ですが、直感的に操作しやすく、高機能で使いやすいです。

  • テロップなどの文字入れ
  • 動画と動画をつなぐカット編集
  • 動画を盛り上げるエフェクトの追加

などの編集も(比較的)カンタンです。

このブログでも、PowerDirectorを使ったテクニックをまとめております。ぜひ参考にして見てね。

編集テクニック | 動画編集のススメ

有料ソフト(PowerDirector)はコストは必要ですが、それ以上に「操作が簡単で編集しやすい」というメリットがあります。

長い目で見れば、コツコツ続けやすいのでオススメです。

YouTube登録者数1000人突破して分かったオススメの動画編集ソフト[PC版]はPowerDirectorです。比較してまとめます。 先日、めでたくYouTubeチャンネル登録者数が、1000人を突破しました! 素人から始めた動画編集で...

2-1.可能な限り、字幕を入れる

運営チャンネル(ケロケロちゃんねる)では、ほぼ全ての動画にナレーション・字幕を追加しています。

動画はブログと違って、視覚だけでなく聴覚にも届けることができます。

…なので、自分の声でナレーションを録音しています。

ナレーションだけでも良いとは思いますが、聞き取れない場合もあるかもしれないので、字幕も入れてます。

字幕を入れるのに おすすめの動画編集ソフトは、PowerDirectorでどうでしょう 動画を編集するために、切っても切り離せないのが「字幕」です。 動画中の音声に、字幕を入れておくと分かりやすくなりま...

ナレーションと字幕、両方入れることで動画の分かりやすさを補っています。

これも登録者数の増加に一役買ってくれる…ハズです。

自分でナレーションを入れているので、たまに話を脱線させるのも、個性が出て良いと思います。

私はよく脱線させてますが… こんな感じで↓

3.YouTubeで、補足情報を充実させておく

動画を編集して、YouTubeにアップロードしたら終わり… では、もったいないオバケがでます。

YouTube Studio から、以下の情報を編集しときましょう。

  • 最初は非公開でアップロード
  • 概要欄はなるべく詳しく
  • 終了画面・カードを入れる
  • 目次を入れる
  • サムネイルを登録する

動画のメインは、あくまで動画ですが… 関連情報を充実させておけば、興味を持ってもらえた時に読まれます。

ケロケロ

視聴者の興味を、キャッチ&リリース!

ウサギ

リリース?

YouTube Sudioの入力内容については、コチラの記事↓に詳しくまとめております。ぜひ参考にどうぞ。

動画編集してYouTubeにアップロードしたら、投稿後にやっておくべき7つのこと 動画編集からYouTubeへのアップロードまで、個人で運営している人も多いと思います。 えぇ、私もその一人です。楽しいですよ...

まとめ。コツコツ継続した動画編集のやり方でした

あくまで私の経験則ですが、コツコツ続けた動画編集のやり方をまとめました。

私は、あまり大きな目標を立てず、「続けるコト」を最優先にしています。

YouTubeの運営がちょっと大変だな… と思ったら、コチラの記事がお役に立てるやもしれません。

YouTubeの登録者数1000人まで、飽きずにコツコツと動画編集を続けられた7つの方法・やり方 YouTubeの壁…とも言える、登録者数1000人。 1000人を突破することで、収益化も可能になります。 しかし、1...

もし、お役に立ったなら、このブログをお気に入りに登録するなり、チャンネル登録するなり、よろしくお願いします!

ケロケロ

アナタのハートも、キャッチ&リリース!

ウサギ

リリース?

ABOUT ME
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、このブログでも紹介しているPowerDirectorだよ。 YouTubeのメインチャンネル登録者数も、めでたく1000人を突破しました。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!