動画編集ソフト

動画編集で、流れる字幕テロップを作る方法。エフェクトを使えば、縦にも横にも簡単に編集 / PowerDirector

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

動画を編集に欠かせないのが、テロップなどのテキストです。

補足説明などに使えます。

ただ… 文章が長いと1画面に収めるのが難しい場合もあります。

そんな時は、縦か横に流しましょう。

例えば縦に流すなら… こんな感じで↓使えます(5:47あたり)

横に流すなら、こんな感じ↓です(0:25あたり)

これらの動画は、PowerDirectorを使って編集しました。

この記事では、実際にテロップを流す方法をまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。

テロップを縦・横に流す方法

テロップを縦・横に流すなら、PowerDirectorのエフェクトを使うと簡単です。

テキストエフェクトの[クレジット / スクロール]で、様々なエフェクトを使えます。

縦にテロップを流すなら、エンディングロールなどのエフェクトをが使えます。

横に流すなら左へ(右へ)スクロールが使えます。

画面右のプレビュー画面で、動きを確認できます。

流れるテロップエフェクトに、文字を入力する方法

気に入ったエフェクトが見つかったら、タイムラインへドラッグアンドドロップします。

配置したエフェクトをダブルクリックすると、編集画面が開きます。

文字の入力だけでなく、フォントや境界線を設定できます。

…ちなみに、この縦に流れるテキストエフェクトですが、こんな使い方↓もできます(21:52あたり)

縦書き文字を横に流すという方法です。

以下の設定で実現できます。

  • 縦にスクロールするエフェクトを、回転させて横にする
  • 文字を縦書きにする

まとめ。テロップを流すなら、エフェクトを使えば簡単

…というわけで今回は、補足説明やエンディングロールにピッタリな、テロップを流す方法をまとめました。

PowerDirectorのエフェクトを使えば、簡単に実現できますな。

有料ソフトなので購入資金は必要ですが…ハッキリ言って買って損はないです。楽しいので。

30日間の無料試用期間もあります。

PowerDirector、まだ使ったことないなら、ぜひお試しあれ!

ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、PowerDirectorだよ。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!