編集テクニック

動画編集で、文字を縦書きで使う方法・やり方 / PowerDirector編

ケロケロ
ケロケロ
こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

動画編集をしていると、テロップや字幕を入れる場面が多々あります。

私も、YouTubeチャンネルを運営している 端くれでございますが、字幕やテロップを多用しています。

例えば↓こんな感じで。

この動画は、動画編集ソフト PowerDirectorで作成しました。

しあしまぁ… アレですなぁ。

日本語だと、「縦書き」なんて書き方がありますなぁ。

だがしかし!

通常、テロップや字幕は横書きが基本です。

しかし、動画の雰囲気によっては「縦書き」を使いたい場面もあります。

ケロケロ
ケロケロ
あきらめないでっ!

動画編集ソフト PowerDirectorなら、縦書きもカンタンに使えます。

例えば、水曜どうでしょう風のオープニングみたいな縦書きもできるんです。

…というわけでこの記事では、PowerDirectorの縦書きの使い方をまとめました。

ぜひ参考にしてみてね。

テキストエフェクトを配置する

縦書きテロップを入れたい箇所へ、「テキスト(デフォルト)エフェクト」を配置します。

[@]が付いてるフォントを選ぶ

テキストエフェクトをダブルクリックして、編集画面を開きます。

縦書きのポイントは、フォントです。

フォント名の頭に「@」が付いてるフォントを選びます。

文字が縦書きになるので、90度回転させます。

テキスト上の緑のポインタをマウスで摘まんで、動かせば回転できます。

ケロケロ
ケロケロ
後は、好きな文字を入れればOK!

ウサギ
ウサギ
なんで糸ようじ?

まとめ。縦書きは@を選ぶ

…というわけで今回は、縦書きの使い方をまとめました。

@付きのフォントを選ぶだけで、縦書きにできます。

冒頭の 水曜どうでしょう風のオープニングも作れるわけです。

PowerDirectorなら、簡単に縦書きにできます。

有料ソフトなので購入資金は必要ですが…ハッキリ言って買って損はないです。楽しいので。

30日間の無料試用期間もあります。

まだ使ったことない人は、ぜひお試しあれ!

ケロケロ
ケロケロ
おしまい

ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、PowerDirectorだよ。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • YouTubeのアップロードまでオールインワン
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!