YouTube

YouTubeへアップロードする動画は、最後に20秒の余裕を持たせよう

 

ケロケロ
ケロケロ
こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

 

YouTubeに動画をアップロードしようとしている、そこのアナタ。

ちょっと待って!

動画の最後に、20秒ほど余裕を持たせていますか?

 

YouTubeの便利な機能の1つに、「終了画面」という機能があるんです。

もし、アップロードした動画が、本編ギリギリで終了している場合、「終了画面」が有効に使えない可能性がありますよ。

…というわけで今回は、YouTubeの終了画面についてまとめます。

 

YouTubeの終了画面って、なんぞや?

動画の最後20秒間を使って、以下の宣伝を行えます。

終了画面
動画または再生リスト 自分が作成した別の動画へリンクする
チャンネル登録 自分のチャンネルへ登録
チャンネル 参考になったチャンネルなど、リンクを貼れる
リンク 自分のブログなどへリンクを貼れる(※)

リンクについて… YouTubeの仕様が変更した2018年2月以降のチャンネルでは、条件を満たさないと「リンク」は使えないようです。

条件:過去12ヶ月の総再生時間4000以上、チャンネル登録者数1000以上。

 

終了画面は、動画の最後20秒間に差し込むことができます。

終了画面

つまり、動画本編がギリギリで終了してしまうと、終了画面のリンクが本編に被ってしまうのです。

 

終了画面用の動画を作っておこう

予め「終了画面用の動画」を作っておけば楽です。

終了画面用ムービー

終了画面が差し込まれるスペースを考えて、下半分にスキマを作ってます。

終了画面のリンク位置は、好きなトコロに配置できます。

それに合わせて、動画を作っておくとイイですね。

 

「終了画面用の動画」を作っておけば、動画を編集した最後に加えるだけなので楽です。

動画編集ソフトを使って、20秒の終了画面動画を作っておきましょう。

 

まとめ。終了画面を使って、動画を宣伝しよう

終了画面を使えば、動画を見てくださった視聴者さんに、アクションを起こしてもらえます多分きっと…

20秒の余裕を持たせて、動画を作成するようにしましょう。

…ちなみに、終了画面以外の便利な機能については、コチラの記事にまとめてます。ぜひ読んでみてね。

YouTubeへ動画をアップロードした後に、やるべき3つのコト YouTubeへ動画をアップロードしたら、晴れてゆーちゅーばーデビューですね。 私も最近から、YouTubeを運営...
ケロケロ
ケロケロ
おしまい
ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、このブログでも紹介しているPowerDirectorだよ。 YouTubeのメインチャンネル登録者数も、めでたく1000人を突破しました。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!
  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!