編集テクニック

動画編集で、テキストや画像・動画を点滅させる方法・やり方 / PowerDirectorのキーフレーム

ケロケロ
ケロケロ
こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

動画を編集していて、こう思ったコトはないでしょうか?

テキストや、画像とか… 点滅させてみてぇな… と。

例えば… コチラ↓の動画をご覧あれ。

動画の最後で、数字が点滅しています。

上の動画は、動画編集ソフトPowerDirectorを使って作成しました。

この記事では、実際にテキストや画像・動画を点滅させる方法をまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。

点滅には、キーフレームで

PowerDirectorには、動画に対して様々な加工ができるエフェクトが数100種類用意されています。

初心者でも簡単に使える 動画編集エフェクト700種類以上。PowerDirectorをどうぞ 家族旅行のムービーや、YouTubeにアップロードする動画… そのままでもイイんだけど、ちょっと編集ができたらイイと思いま...

だがしかし!

点滅させるのにピッタリなエフェクトは見つかりませんでした。

でも…

ケロケロ
ケロケロ
あきらめないでっ!

ウサギ
ウサギ
真〇みきか

キーフレームを使えば、点滅させることができます。

冒頭の動画もキーフレームを使って編集しました。

では、実際に作ってみます。

キーフレームで、不透明度を変える

ここでは、PowerDirectorのサンプル動画を使ってみます。

まずは、点滅させたい動画をタイムラインへ読み込みます。

タイムライン上の[キーフレーム]をポチっと押して、編集画面を開きます。

キーフレームの編集画面が開いたら、不透明度に対して、100% → 0% → 100% → 0%を繰り返すように設定します。

不透明度を100%、0%と繰り返すことで、表示・非表示が繰り返されることになります。

つまり、見た目は点滅しているように見えます。

根気が必要な作業ですが… 難しいテクニックは必要ありません。

…ただ、集中力は切れそうになるよね。

点滅するスピードを変える方法

点滅するスピードは、「キーフレームの間隔を変える」ことで調整できます。

点滅するスピードを、速くしたい場合

キーフレームの間隔が、狭くなるようにします。

表示・表示は素早く繰り返されることで、結果的に点滅スピードが速くなります。

例えば、1フレームごとに切り替えると、ものすごいスピードで点滅します。

目がチカチカするよ…

点滅するスピードを遅くしたい場合

これは逆に、キーフレームの間隔を広げればOKです。

表示・非表示がゆっくりと繰り返されることで、ボヤ~ンと点滅するようになります。

まとめ。点滅させたい時は、キーフレームを使おう

キーフレームを使えば、テキストや画像・動画も同じ手順で点滅させることができます。

キーフレームは、点滅以外にも様々な場面で使えます。

例えば、静止画をアニーメーションのように動かすことも可能です。

PowerDirectorで画像を動かす方法 / キーフレームとイーズイン・アウト、エフェクトを使ってみよう 自分で作った画像を、動かして動画編集したい… と、思っているそこのアナタ! ようこそ。 今回は、そんなアナタの悩みを解...

動画編集ソフトによっては キーフレームに対応していないのですが…

PowerDirectorは対応しています。やったぜベイビー。

有料ソフトなので購入資金は必要ですが…ハッキリ言って買って損はないです。楽しいので。

30日間の無料試用期間もあります。

PowerDirector、まだ使ったことないなら、ぜひお試しあれ!

ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、PowerDirectorだよ。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!