編集テクニック

動画編集で、再生速度を早回しにして、コミカルな映像を作成する方法・やり方 / PowerDirector

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

動画編集をしていると、再生速度を速くしたい場合があります。

ビデオの早送りみたいな感じですな。

再生速度を速くするだけで、動きがコミカルになるんです。

例えば… コチラの動画↓

何気なく撮影した子供たちの動画を、早回しで繋げて編集しました。

動画編集ソフトは、PowerDirectorを使ってます。

早回しにすると、それだけで動画が面白くなるので、子供たちに大ウケでした。

…でも、(動画の再生速度を調整するのって、難しいんでしょ…)と、あきらめていませんか?

ケロケロ
ケロケロ
あきらめないでっ!

ウサギ
ウサギ
真○みきか

この記事では、動画編集ソフトPowerDirectorを使って、実際に動画を早回しにする方法と、注意点もまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。

タイムラインに動画を読み込む

PowerDirectorを起動したら、編集したい動画をタイムラインに読み込みます。

今回はサンプル動画を使います。

初めて動画を編集するやり方。必ず知っておくべき 2つのコト。タイムライン・レイヤー 動画の編集をやってみたいけど… 難しそうだなぁ… と思っている そこのキミ! 今回の記事は、そんなキミの悩み...

再生速度を調整する

タイムライン上の[ツール]タブで、[動画速度]を選びます。

専用の編集画面が開きます。

プレビュー左側で、様々な調整ができます。

  • クリップ全体… 動画全ての再生速度を調整
  • 選択した範囲… 任意の範囲のみ再生速度を調整
  • 元の動画の長さ… 速度調整前の動画の長さ
  • 新規の動画長さ… 動画の時間を元にして、速度を調整
  • 可変速… 再生速度を元にして、速度を調整

速度を調整する場合、例えば「10秒の動画を5秒にしたい」ということであれば、「新規の動画長さ」を5秒にします。

「2倍速で再生させたい」という場合は、「可変速」を2.0にします。

再生速度を上げすぎると、PCが負荷に耐えられなくなって重くなる可能性があります。

その場合は、再生速度を上げたい部分だけを先に動画出力することで、編集がやりやすくなります。

動画編集で、一部分だけを動画として出力させる方法・やり方 / PowerDirector編 動画編集をしていると、動画の一部を使いまわしてぇな… と思うコトがあります。 例えば、以下の動画の23:11あたり… ...

音声の倍速は2倍速まで対応

PowerDirectorで、映像を倍速再生させた場合… 音声が対応しているのは2倍速までです。

2倍速を超えると、無音になります。

…もし、音声も2倍速以上に対応させるなら、音声編集ソフトを使った方がイイです。

音声編集ソフトAudioDirectorを使えば、音声の倍速再生が調整できます。

動画編集で、音声を倍速再生させる方法・やり方 / PowerDirector編 動画編集で、ただ動画を流すだけじゃ面白くない。 倍速再生したら、どうだろうか? と、お悩みのそこのアナタ。ようこそ。 ...

まとめ。再生速度を調整して、動画も面白くしよう

…というわけで今回は、動画の再生速度を上げて、早回しにする方法をまとめました。

逆に、再生速度を下げると、動画がスローになります。

PowerDirectorなら、簡単に再生速度を調整できます。

冒頭の動画のような編集も可能です。

PowerDirectorは有料ソフトなので購入資金は必要ですが… ハッキリ言って、買って損はないです。楽しいので。

30日間の無料試用期間もあります。

PowerDirector、まだ使ったことないなら、ぜひお試しあれ!

ケロケロ
ケロケロ
おしまい

ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、このブログでも紹介しているPowerDirectorだよ。 YouTubeのメインチャンネル登録者数も、めでたく1000人を突破しました。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!