編集テクニック

動画編集で、矢印などの図形を動かしたり回転させたり自由に動かす方法・やり方 / PowerDirector

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

動画編集で、「動画中のある部分に注目させたい」ことがあります。

この時、矢印などの記号を使うと、目を引きやすいです。

ただ… 動画ですから、注目させたい部分も動きますよね…

…ということは、矢印も動画に合わせて動かさないといけません。

でも、そんなの、難しそう… と、あきらめていませんか?

ケロケロ
ケロケロ
あきらめるなっ!おまえならできるっ!

ウサギ
ウサギ
修造か

動画編集ソフトPowerDirector[キーフレーム][モーショントラック]という機能を使えば、矢印などの図形を動かすことができます。

この記事で詳細をまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。

動きが少ないならキーフレーム

注目部分の動きが少ない場合は、キーフレームが使いやすいです。

例えば… コチラの動画(6:00あたり)

この部分は静止画なので動きませんが、注目させたい部分を囲うように記号(●)を動かしています。

これは、キーフレームを使って位置の調整をしています。

動きが少ない場合は、キーフレームが使いやすいです。

位置だけではなく、回転を調整することもできます。

動画編集で、回転する起点を変える方法・やり方 / PowerDirectorでアンカーポイントを調整 動画編集をしていると、画像や文字を動かしたい場面があります。 そんな時は、キーフレームが使えますね。 https://...

注目部分を追尾させたいなら、モーショントラック

注目部分の動きが大きいなら、モーショントラックが使えます。

注目部分の動きが大きい場合、キーフレームで調整していくのは手間がかかります。

モーショントラックは、注目部分を指定すると、PowerDirectorが自動的に追尾してくれます。

例えば、コチラの動画、

動くペンギンに、画像を追尾させてます。

この動画では画像を追尾させてますが、文字や図形も同じように使えます。

モーショントラックは、注目させたい分を指定すれば、後は自動的に判別して追尾できます。

動画の動きがあまりにも激しかったり、注目部分が目立ちにくい場合は、モーショントラックも追尾しきれない可能性もあります。

その場合は、ある程度再調整が必要になりますが… キーフレームだけで調整することを考えれば、はるかに簡単です。

動画編集で、動く人やモノを追尾する 文字や画像を追加する方法・やり方 / PowerDirectorのモーショントラック 動画編集をしていて、こう思ったコトはないですか? 走っている人やモノに、アイコンや文字が ぴったり追従できたらイイのに… ...

まとめ。矢印などの図形を自由に動かせるPowerDirector

PowerDirectorキーフレームモーショントラックを使えば、注目させたい部分に、矢印などの図形を自由に動かせます。

動画編集の幅が広がりますな。

有料ソフトなので購入資金は必要ですが… ハッキリ言って、買って損はないです。楽しいので。

30日間の無料試用期間もあります。

PowerDirector、まだ使ったことないなら、ぜひお試しあれ!

ケロケロ
ケロケロ
おしまい

ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、このブログでも紹介しているPowerDirectorだよ。 YouTubeのメインチャンネル登録者数も、めでたく1000人を突破しました。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!