編集テクニック

動画編集で、回転する起点を変える方法・やり方 / PowerDirectorでアンカーポイントを調整

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

動画編集をしていると、画像や文字を動かしたい場面があります。

そんな時は、キーフレームが使えますね。

キーフレームとは? 文字・画像が思い通りに動かせる! / PowerDirectorで動画編集 動画編集をしていると… こんなことを思ったことはないですか? 文字や画像を、自分が思ったように… 変則的に動かせな...

キーフレームを使えば、回転させることもできます。

ただ… 回転するポイントが、文字や画像の中心なんだよねぇ…

端っこをポイントにして、回転できたらいいのに…

と、お悩みのそこのアナタ!

ケロケロ
ケロケロ
あきらめないでっ!

ウサギ
ウサギ
真○みきか

コチラの動画をご覧あれ。

どちらも矢印を回転させた動画ですが、起点となるポイントが違います。

左は矢印の中心、右は矢印の棒の先を起点として回転しています。

この回転する起点を変えた動画は、PowerDirectorのアンカーポイントを調整して編集しました。

この記事では、実際に調整した方法をまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。

編集したい画像・文字を読み込む

PowerDirectorを起動して、編集したい画像・文字を読み込みます。

今回は、テキストエフェクトを読み込んで、矢印を使いました。

キーフレームを使って、回転させる

読み込んだテキストエフェクトをダブルクリックして、編集画面を開きます。

キーフレームを使って、回転させるように設定します。

アンカーポイントを調整する

アンカーポイントとは… ズバリこれです。

中心の緑の画びょうみたいなヤツが、アンカーポイントです。

回転する時は、このアンカーポイントを起点にして回転しているわけです。

この状態では、矢印の中心を起点にして回転しています。

このアンカーポイントは、ドラッグアンドドロップで調整できます。

この状態であれば、棒の先を起点にして回転することになります。

アンカーポイントを調整すれば、冒頭の動画のように、回転する起点を変えることができるわけです。

アンカーポイントは回転だけでなく、拡大・縮小などの起点にもなります。

まとめ。アンカーポイントで回転を調整

…というわけで今回は、PowerDirectorのアンカーポイントについてまとめました。

調整することで、回転する起点を変えることもできます。

動画編集の幅が広がりますな。

有料ソフトなので購入資金は必要ですが…ハッキリ言って買って損はないです。楽しいので。

30日間の無料試用期間もあります。

PowerDirector、まだ使ったことないなら、ぜひお試しあれ!

ケロケロ
ケロケロ
おしまい

ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、PowerDirectorだよ。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!