編集テクニック

動画編集で、声の音程を高くする方法・やり方 / エフェクト・ピッチの調整

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

動画編集をしていると、ナレーションをいれたい場面があります。

ただし… 「自分の声をそのまま使いたくない」ときもあるでしょう。

そんな時は、音声編集ソフトで加工することができます。

しかも、動画編集ソフトと連動して使える音声編集ソフトであれば、動画編集が楽チンになります。

例えば… コチラの動画↓(0:25あたり)

女性の声で、「あきらめないで!」とナレーションを入れてますが… 元々はアラフォーおっさんの声です。

この声を加工したソフトは、AudioDirectorを使っています。

AudioDirectorは、私が愛用している動画編集ソフトPowerDirector 365と同じメーカーの音声編集ソフトなので、連動(※)して使えます。

※ファイル保存→読み込みなどしなくても、動画編集しながら音声編集もできます。

コチラの記事も参考にどうぞ。

動画編集で 音にエフェクト加工したいなら、AudioDirectorがオススメ / PowerDirectorとセットがお得 動画編集をするなら、素材となる動画が必要になるのはモチロンですが… 切っても切り離せないのが、「音」です。 例えば… こんな音を...

そこで今回の記事は、 AudioDirector を使ってナレーションの声を高くする方法をまとめました。

ぜひ参考にしてみてね。

エフェクトを使う

音声編集ソフトであれば、声を加工するためのエフェクトが用意されています。

AudioDirector であれば、[ボーカル変換]で声を変えることができます。

上の写真↑では、ボーカル変換が[男性]になっていますが、[女性]を選ぶこともできます。

冒頭の動画の「あきらめないで!」も、[女性]の加工をしました。

マウスでポチっと選ぶだけなので、カンタンに加工できます。

ピッチを上げる

ピッチとは音の高さを表します。

つまり、ピッチを上げるということは… 音を高くする、という意味です。

AudioDirector では、[ピッチシフター]で音程を高くすることができます。

音程が上がるイメージとしては…

ケロケロ

オラは死んじまっただ~♪ みたいな感じです

ウサギ

若い子知らんのでは?

これもマウスで操作するだけの、簡単加工です。

逆にピッチを下げて、声を低くすることもできます。

まとめ。音程を上げる加工もカンタン

音声編集ソフトを使えば、女性っぽい声や、音程を上げる加工も簡単です。

特に、動画編集ソフトとセットで使えれば、加工・編集もスムーズにできます。

そういった意味では、PowerDirector 365AudioDirector のセットは使いやすくてオススメです。

まだ使ったことがないなら、この機会にぜひ触ってみてください。

30日間の無料試用期間もあります。

ケロケロ

おしまい

ABOUT ME
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、このブログでも紹介しているPowerDirectorだよ。 YouTubeのメインチャンネル登録者数も、めでたく1000人を突破しました。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!