編集テクニック

動画編集で明るさを調整する2つの方法・やり方 / PowerDirector編

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

動画編集をしようと、ソフトに動画を読み込んでみたものの…

動画が、めちゃんこ暗い!

なんてことも、あるでしょう。

なんとか明るくしたい… でも、どうしたらいいか分からない… と、あきらめていないでしょうか?

ケロケロ

あきらめないでっ!

ウサギ

昔流行ったヤツ

暗いなら、明るくすりゃあいい! そう、動画編集ソフトを使って。

…と言うわけで今回は、私が愛用している動画編集ソフト PowerDirectorを使って、動画の明るさを調整する方法を2つまとめました。

ぜひ参考にしてみてね。

1.単純に明るくしたいなら、補正/強調で

例として… PowerDirectorに動画を読み込んでみました。

この動画を、明るくしたいのであれば、補正/強調を選択して明るさの調整をします。

明るさの標準値は50ですが、スライドバーを調整して数値を上げると、動画が明るくなります。

とにかく明るさを上げたいのであれば、この[補正 / 強調]を調整するのが一番簡単です。

2.何かのイメージに近づけたいなら、エフェクトで

例えば、

  • 朝の風景のような明るさにしたい
  • 春のような明るさにしたい

…などのイメージがあるなら、エフェクトを使うとイメージに近づけることができます。

PowerDirectorの場合、以下のような様々なテンプレートが用意されています。

イメージに近い明るさ・色合いが見つかったら、ドラッグアンドドロップするだけでエフェクトが使えます。

エフェクトの強さは、後で調整もできます。

エフェクトを選択して、スライドバーで強度を変えることができます。

難しいテクニックは必要なく、用意されたテンプレートをドラッグアンドドロップするだけで使えるので、簡単です。

テンプレートも数多く用意されているので、細かく選ぶことができます。

まとめ。明るさ調整は、マウスだけで簡単操作

…と言うわけで今回は、動画の明るさ調整についてまとめました。

いずれの方法でも、マウスだけで簡単に操作できます。

撮影で暗くなってしまった動画でも、後から明るくすることもできるわけですな。

今回使用した動画編集ソフトPowerDirectorは、30日間の無料試用期間もあります。

まだ触ったことがないなら、この機会にぜひどうぞ。

YouTube登録者数1000人突破して分かったオススメの動画編集ソフト[PC版]はPowerDirectorです。比較してまとめます。 先日、めでたくYouTubeチャンネル登録者数が、1000人を突破しました! 素人から始めた動画編集で...
ABOUT ME
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、このブログでも紹介しているPowerDirectorだよ。 YouTubeのメインチャンネル登録者数も、めでたく1000人を突破しました。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!