編集テクニック

動画編集で、テキストレイヤーを使って写真に奥行きを見せる方法・やり方 / PowerDirector

ケロケロ
ケロケロ
こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

動画編集で、写真を使うこともあると思います。

子供らの写真を使って動画を作る… なんて場面もあるでしょう。

例えば、その写真が立体っぽく見えたら面白いと思いませんか?

まずは、コチラの動画をご覧あれ。

動画編集ソフト PowerDirectorを使って作成しました。

テキストの間に、写真(静止画)が立っているように見えます。

文字の間に立たせることで、奥行きを演出しました。

この記事では実際に、「テキストの間に写真(静止画)を挟んで、奥行きを見せる方法」をまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。

はじめに。この記事で使用している、動画編集ソフト

私が愛用している動画編集ソフトは、PowerDirectorです。

created by Rinker
サイバーリンク
¥16,295 (2020/11/26 21:41:48時点 Amazon調べ-詳細)

この記事では、PowerDirectorをベースにまとめております。

もし… 初めて動画編集をやるなら、こちらの記事をどうぞ!

レイヤーを上手く使う

今回の「奥行き」を実現するには、レイヤーの使い方が大事です。

説明しよう! レイヤーとは… 文字や画像の重なりのこと。

例えば、ニュースのテロップの場合、動画レイヤーの上にテロップレイヤーを重ねている… という意味になるのだっ!

例えば、動画中のコチラの場面。

レイヤーを重ねる

この場面では、4枚のレイヤーを重ねています。

奥から並べると…

  1. 背景レイヤー(墨を垂らしたような画像)
  2. テキストレイヤー(ひぃー)
  3. 写真レイヤー
  4. テキストレイヤー(うぃごー)

という順番になっています。

例えば、写真レイヤーを一番前に出してしまうと、平べったい感じがします。

しかし、写真をテキストレイヤーの中間に挟むことで、奥行きができます。

さらに、独立して動かすと効果的

レイヤーに同じ動作を与えてしまうと、「一枚絵」に見えてしまいます。

しかし、それぞれのレイヤーを独立して動かすと、効果的です。

例えば、さっきの場面。

レイヤーを重ねる

この後、それぞれのレイヤーを手前に拡大させていますが…

手前にあるレイヤーほど、拡大率を大きくしています。

手前のレイヤーほど大きく見せることで、目の前に迫ってくる感じが演出できます(と私は思っています)

まとめ。レイヤーの使い方次第で、平面に奥行きを

あえてテキストの間に写真を挟むことで、奥行きを演出することができました。

ケロケロ
ケロケロ
…いやぁ、すごいテクニックですよね。

ウサギ
ウサギ
CMの演出マネただけやん。ドヤるな

今回の動画は、動画編集ソフトPowerDirectorを使って実現しました。

created by Rinker
サイバーリンク
¥16,295 (2020/11/26 21:41:48時点 Amazon調べ-詳細)

有料ソフトなので購入資金は必要ですが… メタクソ便利なので、元はとれます。私も愛用してます。

30日間の無料試用期間もあります。お試しあれ!

PowerDirectorをチェック

ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、PowerDirectorだよ。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!