編集テクニック

動画編集で、顔にモザイクを入れるなら、モーショントラックを使おう / Powerdirector

 

ケロケロ
ケロケロ
こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

 

例えば… 家族で旅行した風景を、YouTubeにアップロードしよう!

…と、思うこともあるでしょう。

だがしかし!

 

ケロケロ
ケロケロ
顔が映ってるから、モザイク入れたいな…

そう… 自分の顔や第三者の顔を隠したいですよね。

静止画ならカンタンですが… 動画だと大変です。

 

動画は静止画の集まりです。いわばパラパラ漫画ですね。

そのパラパラ漫画の1枚ずつにモザイク加工していくのは… 途方もない労力が必要になります。

今回の記事は、動画編集ソフトを使って、その労力を軽減するテクニックをまとめました。

 

例えば、コチラの動画をご覧あれ。

息子君が公園で遊ぶ風景を、動画編集しました。

顔の動きに合わせて、画像を重ねております。

やり方をまとめたので、ぜひ読んでみてね。

 

この記事で使用している、動画編集ソフト

私が愛用している動画編集ソフトは、PowerDirectorです。

この記事では、PowerDirectorをベースにまとめております。

動画編集ソフト購入に失敗したくないなら… PowerDirector 一択! 簡単に使えてオススメ 動画編集ソフトって… 高いよね… そう… だから、買ってから失敗したくないわけです。 今回は、そんな...

 

もし… 初めて動画編集をやるなら、こちらの記事が参考にしてもらえます。

初めて動画を編集するやり方。必ず知っておくべき 2つのコト。タイムライン・レイヤー 動画の編集をやってみたいけど… 難しそうだなぁ… と思っている そこのキミ! 今回の記事は、そんなキミの悩み...

 

例えば、こんな動画があったとしたら…

例として、こんな動画があったとしましょう。

 

個人情報コンプライアンスが叫ばれる昨今、やはり隠すべきトコロは隠さねばなりません。

こんな時に便利なのが、モーショントラック機能です。

 

モーショントラックを起動する

動画を選んだ状態で、[ツール] – [モーショントラック]を起動しましょう。

モーショントラック

 

モーショントラックが起動します。

モーショントラック

 

モーショントラックを使ってみよう

モーショントラックは、対象物を白い枠で囲むことで、マーキングしてくれます。

対象物が動いても、自動追尾してくれる便利な機能なんです。

では実際に使ってみます。

 

ケロケロ
ケロケロ
まずは隠さなければならない大事な部分を、白い枠で囲みましょう。
隠さなければならない大事な部分
ウサギ
ウサギ
えっ

 

対象を白い枠で囲んだら、トラックボタンを押します。

トラックボタン

動画が再生されるので、モーショントラックが追尾されているか確認しましょう。

モーショントラック

モーショントラックは完璧ではありません。ズレることがあります。

今回は単調な動きなので、ズレは少ないですが… 動きの激しい映像では厳しいです。

しかし、イチからモザイクをかけるコトを思えば… 労力はかなり軽減されます。

ズレが出た場合は、自分で手直ししていきましょう。

 

モーショントラックにエフェクトを追加する

モーショントラックの追尾ができたら、エフェクトを追加しましょう。

モーショントラックにエフェクト

左のメニューが、モーショントラックに適用するエフェクトです。

右の青い枠がエフェクトを適用する範囲です。

1度設定すれば、モーショントラックに合わせてモザイクが動きます。

 

できあがった動画がコチラ

 

ケロケロ
ケロケロ
はい。ちゃんと隠したい部分を隠すことができました。
ウサギ
ウサギ
隠す部分は、ソコでええんか?

今回はモザイクを追加しましたが、画像や文字を追加することも可能です

 

YouTubeなどにアップロードするとなると、個人情報も心配です。

モーショントラックを活用して、隠したい部分は隠しましょう。

ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、PowerDirectorだよ。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!
  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • YouTubeのアップロードまでオールインワン
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!