編集テクニック

動画編集で、切り抜いた被写体の画像を逆光で影っぽく黒く見せる方法 / PowerDirectorで補正

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

動画編集で、切り抜いた被写体を逆光で影っぽく見せたい方… ようこそ。

文章で書くと意味が分かりませんが… まずはコチラの動画をご覧ください(0:32あたり)

必殺技を決めたロボットの後ろで爆発が起きていますが…

その時のロボットは、あたかも爆発の発光により影で黒くなっています。

今回の記事は、動画編集ソフトPowerDirectorを使って、実際に影っぽく見せる方法をまとめました。

ぜひ参考にしてみてね。

発光体より、上のレイヤーへ被写体を配置する

今回の動画の場合、ロボットの後ろで爆発が起きているので、ロボットの画像を爆発よりも手前に配置する必要があります。

爆発レイヤーの上になるようにロボットを配置します。

被写体の露出を下げる

PowerDirectorには、画像・動画の色などを補正できる機能があります。

被写体(ロボット)が選択されている状態で、[補正・強調]をポチっと押すと、様々なパラメータを調整できます。

今回のように被写体を影っぽくする場合は、露出を下げることで黒くできます。

逆に明るくしたり、色のメリハリを強くしたり… なんて調整も可能です。

もし… このロボットの露出が通常のままだとしたら…

完全に浮いてしまっています。

やっぱり露出を下げた方が、自然な雰囲気になりますね。

まとめ。雰囲気に合わせて、画像・動画を調整しよう

…というわけで今回は、発光体に対して影っぽく見せる方法をまとめました。

PowerDirectorを使えば、画像・動画の色合いなど、細かい調整もできます。

PowerDirectorは有料ソフトなので、購入資金が必要ですが… 動画編集が楽しくなるのでオススメです。私も愛用しています。

30日間の無料試用期間もありますので、まだ使ったことのない方は

ぜひ試してみてね。

ケロケロ
ケロケロ
おしまい

ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、PowerDirectorだよ。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!