編集テクニック

動画編集で、動画・画像の明るさを変える方法。キーフレームを使えば、リアルタイムに調整もできるよ / PowerDirector

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

動画編集をしていると、動画や画像の色合いや明るさを変えたい場面もあります。

でも… 画像編集ソフトで明るさを変えて、それから動画編集ソフトで使うのって… めんどくさくね?

…と、あきらめていませんか?

ケロケロ
ケロケロ
あきらめないでっ!

ウサギ
ウサギ
真○みきか

PowerDirectorを使えば、動画編集ソフト内で、明るさやコントラストを調整できます。

しかも、ただ明るさを変えるだけではござんせん。

だんだん明るく… だんだん暗く… なんて調整もできるんです

…というわけで今回は、動画編集ソフトPowerDirectorを使って、動画・画像の明るさやコントラストを調整する方法をまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。

PowerDirectorに、動画・画像を読み込む

それでは、編集したい動画・画像をPowerDirectorに読み込ませます。

今回は、サンプル画像を使います。

動画・画像を読み込んだら、[補正 / 強調]タブをポチっと押すと…

調整画面が出てきます。

明るさを調整する

明るさを調整するなら、[補正] – [明るさ調整]で変えられます。

[補正]は、明るさ調整以外にも、以下のパラメーターを調整できます。

  • ホワイトバランス
  • レンズ補正
  • 赤目補正
  • 再フォーカスの適用

[強調] – [色調整] – [輝度]でも明るさを変えられます。

コチラの方が、変化量が多いです。

[強調]は、[色調整]以外にも、以下のパラメーターを調整できます。

  • カラーマッチ
  • 明暗別色補正
  • HDRエフェクト

キーフレームを使って、時間の経過に合わせて明るさを変える

やはり動画ですから、時間の経過に合わせて映像を変えたいものです。

時間の経過に合わせて、明るさを変えるなら、キーフレームを使って実現できます。

調整画面下の、キーフレームをポチっと押します。

キーフレームの設定画面が表示されます。

キーフレームの始点(輝度-100)・終点(輝度100)を設定します。

キーフレームの設定により、時間の経過に合わせて輝度が大きくなります。

つまり、動画・画像が少しずつ明るくなっていくわけですな。

PowerDirectorで、動画・画像の補正もできるよ

…というわけで今回は、PowerDirectorで動画・画像を補正する方法をまとめました。

キーフレームを使えば、時間の経過に合わせて調整を変えることもできます。

有料ソフトなので購入資金は必要ですが…ハッキリ言って買って損はないです。楽しいので。

30日間の無料試用期間もあります。

PowerDirector、まだ使ったことないなら、ぜひお試しあれ!

ケロケロ
ケロケロ
おしまい

ABOUT ME
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、このブログでも紹介しているPowerDirectorだよ。 YouTubeのメインチャンネル登録者数も、めでたく1000人を突破しました。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!