編集テクニック

動画編集で、スマホ画面のような縦動画(9:16)を編集する方法・やり方 / PowerDirector編

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

スマホで撮影した動画…

横向きで撮影すれば、テレビやPCにピッタリの画面サイズ(16:9)です。

動画編集も、何の問題もございません。

だがしかし!

縦向きで撮影した動画の場合、通常通り16:9の画面で動画編集しようとすると、横に大きなスキマが空いてしまいます。

ちょっと分かりにくいですが、スキマ部分が背景色(黒)になっています

これは、横長(16:9)の編集領域に、縦長(9:16)の動画を入れているためですね。

…まぁ、しょうがないか。

と、あきらめていませんか?

ケロケロ
ケロケロ
あきらめないでっ!

ウサギ
ウサギ
真○みきか

スマホで撮影した縦長動画を編集するなら…

編集領域も、縦長にすればイイんです!

動画編集ソフト PowerDirectorを使えば、簡単に縦長・横長を変更できます。

ちょっと分かりにくいですが、編集領域が9:16になっています。

9:16で編集すれば、YouTubeで動画を見た場合、縦画面のままピッタリ収まります。

例えば↓こんな感じで。

…というわけで今回は、以下の内容をまとめます。

  • 編集領域を9:16(縦長)にする方法
  • 編集したい動画に、9:16(縦長)と16:9(横長)が混在する場合

ぜひ参考にしてみてね。

編集領域を9:16にする方法

やり方は、とっても簡単です。

PowerDirectorを起動して、上部のメニューバーから[プロジェクトの縦横比]を変更すればOK!

これだけで、編集領域を変更できます。

…ただし、変更する際には、1点だけ注意が必要です。

9:16への変更は、必ず最初にすべし!

縦長・横長の編集領域は、必ず最初に決定しましょう。

編集領域によっては、一部のエフェクトが使えたり使えなかったりします。

途中で変更してしまうと、編集をやり直ししなければならないかもしれません。

編集したい動画に、9:16(縦長)と16:9(横長)が混在する場合

一つの動画だけでなく、複数の動画を編集したい場面もありますよね。

縦長(9:16)・横長(16:9)が混在する場合は、横長(16:9)で統一するようにします。

だがしかし!

この場合は、冒頭で説明したように、動画両端にスキマ(黒の背景)が入ります。

でも…

ケロケロ
ケロケロ
あきらめんなよっ!オマエ!

ウサギ
ウサギ
修造か

なるべく背景が地味にならないように、例えば… 以下の方法でフォローしてみます。

1.縦動画を、できるだけ拡大する

まずは、縦動画を許される限り拡大して、なるべく背景のスキマを小さくします。

2.スキマ背景を工夫する

背景が黒一色では味気ないので、少し工夫します。

例えば、斜めにループ再生する動画を背景として使う方法があります。

動画編集で、斜めにループする背景を作る方法・やり方 / テレビの補足情報 / PowerDirector テレビ番組や情報番組を見てると、補足説明をするときに、斜めにループする背景を見たことはないでしょうか? 例えば、こんな感じの...

例えば、コチラ↓の動画も縦動画の背景に、斜めループ動画を使っています。

まとめ。縦長動画も編集可能、フォローもできるよ

…というわけで今回は、スマホで撮影した縦長動画の編集方法をまとめました。

PowerDirectorなら、簡単に編集領域を変えることができます。

また、縦長・横長動画が混在する場合でも、工夫すればフォローできます。

PowerDirectorは有料ソフトなので、購入資金は必要ですが… ハッキリ言って、買って損はないです。楽しいので。

30日間の無料試用期間もあります。

PowerDirector、まだ使ったことないなら、ぜひお試しあれ!

ケロケロ
ケロケロ
おしまい

ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、このブログでも紹介しているPowerDirectorだよ。 YouTubeのメインチャンネル登録者数も、めでたく1000人を突破しました。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!