編集テクニック

動画編集で、残像を付ける方法・やり方を2パターンまとめます / PowerDirector

動画編集してて、動画に残像を付けたい… と思っているそこのアナタ!

ディレイエフェクトを使えば、それっぽい雰囲気は作れます。

例えば… コチラの動画をご覧あれ。

左がエフェクトを加える前で、右がディレイエフェクトを加えた動画です。

動画編集ソフトはPowerDirectorを使って作成しました。

右の動画は、ディレイを最大値にしているので… 控えめに言って酔いますな…

設定値は変えることができます。

上の動画とは別に、画像に残像を加えることで、ドラゴンボールの瞬間移動っぽいアニメーションを再現することもできます。

この記事では、動画に残像を付ける2つの方法をまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。

はじめに。この記事で使用している、動画編集ソフト

私が愛用している動画編集ソフトは、PowerDirectorです。

created by Rinker
サイバーリンク
¥16,682 (2020/09/25 20:46:33時点 Amazon調べ-詳細)

この記事では、PowerDirectorをベースにまとめております。

もし… 初めて動画編集をやるなら、こちらの記事をどうぞ!

1.ディレイエフェクトを使って、残像を付ける

PowerDirector「ディレイエフェクト」を使うと、残像を付けられます。

使い方は簡単です。

タイムラインに読み込んだ動画に、「ディレイエフェクト」をドラッグアンドドロップするだけです。

ディレイエフェクト

残像する度合いは、[エフェクト]ボタンを押すと、調整ができます。

数値を上げるほど、残像の度合いが強くなります(冒頭の動画は最大値です)

2.画像を加工して、残像を再現する

ドラゴンボールのバトルシーンで、残像を残しながら瞬間移動を繰り返す演出があります。

それを、動画編集で再現できないかなぁ… と思って試行錯誤したのが冒頭の動画です。

これは、予め画像編集ソフトGIMPを使って、風が吹いたような効果線を加えています。

その画像を元にして、PowerDirectorで編集しました。

詳しい作成方法は、別記事に詳しくまとめています。

コチラ↓の記事を参考にどうぞ。

フリー画像を使って、ドラゴンボール風のバトルを再現する動画編集のやり方・方法 / PowerDirector編 ドラゴンボールのバトル演出って… カッコイイよね。 高速移動しながら消えたり、かめはめ波出したり… あれ… 自分で作れないかなぁ...

まとめ。残像を加工する2パターンでした

簡単に残像を加工するなら、PowerDirectorのディレイエフェクトが簡単です。

アニメ的な残像を残すなら、画像編集ソフトと組み合わせることで、「それっぽい動画」が作成できます。

created by Rinker
サイバーリンク
¥16,682 (2020/09/25 20:46:33時点 Amazon調べ-詳細)

有料ソフトなので購入資金は必要ですが… メタクソ便利なので、元はとれます。私も愛用してます。

30日間の無料試用期間もあります。お試しあれ!

PowerDirectorをチェック

ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、PowerDirectorだよ。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • YouTubeのアップロードまでオールインワン
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!