YouTube

YouTubeにアップする動画で、一部にボカシ・モザイク加工をしたいなら、モーショントラックが便利 / PowerDirector

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

YouTubeなどの動画サイトへ動画をアップロードする場合、「動画の一部分にボカシ・モザイクを入れたい」なんて場面も、あると思います。

だがしかし!

動画は動きます。

つまり、ボカシを入れたい一部分も、動いているわけです。

写真などの静止画なら、まだしもだ…

動いている一部分に対して、ボカシを追従させるなんて無理でしょうが…

と、あきらめていませんか?

ケロケロ

あきらめないでっ!

ウサギ

真〇みきか

動画編集ソフトPowerDirector「モーショントラック」という機能を使えば、ボカシ・モザイクを入れたい部分を自動で追尾してくれます。

ケロケロ

決してやましい気持ちではありませんが、例として女性の腰元をモーショントラックで設定すると自動的に女性の動きに合わせてボカシが追従されますが決してやましい気持ちではありません。

ウサギ

やましさしかない

例えば…コチラの動画↓

子供の顔をモーショントラックで隠しいます。画像で隠してますが、ボカシ・モザイクと同じやり方です。

…というわけで今回は、YouTubeにアップする動画で、自動的にボカシ・モザイクを追従してくれる「モーショントラック」についてまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。

モーショントラックで、隠したい部分を自動追尾させる

モーショントラックは、動画中の一部分をトラッカーと呼ばれる枠で自動追尾する機能です。

動画編集で、動く人やモノを追尾する 文字や画像を追加する方法・やり方 / PowerDirectorのモーショントラック 動画編集をしていて、こう思ったコトはないですか? 走っている人やモノに、アイコンや文字が ぴったり追従できたらイイのに… …...

動画が選択されている状態で、[ツール] – [モーショントラック]を開きます。

モーショントラックが開いたら、追尾させたい箇所に枠を合わせて、トラックボタンを押します

トラックボタンを押すことで、枠が自動追尾してくれます。

枠の上を別の対象物が通過した場合など、トラッカーがズレることもあります。

その場合は、ズレたタイミングで再度トラックしてやると微調整できます。

トラックできたら、トラッカーに追加するエフェクトを選びます。

ここでは、ぼかしを選びました。

トラッカーに選べるエフェクトは、ぼかし以外にもモザイク・テキスト・画像など選ぶことができます。

モーショントラックの追尾機能は便利ですが、以下のような状況だと、追尾しきれない場合もあります。

  • 動画の動きが激しすぎる
  • トラッカーに設定した追尾対象の上を、別の何かが横切る

…とはいえ、自分で1フレームずつボカシを設定することを考えれば、遥かに簡単です。

追尾機能がズレた時点で、トラッカーを調整してやれば、引き続き追尾できます。

まとめ。手軽にボカシ・モザイクを追加するなら、モーショントラックが便利

YouTubeは、誰でも見ることができます。

…であれば、例えば自分の顔が映っていたり、個人情報が映り込んでいたり、第3者の顔が映っていたり…

などなど、隠したい部分があります。

そんな時は、PowerDirectorのモーショントラックで隠したい部分を追尾させれば、一部だけにボカシやモザイクを追加できます。

自分で1フレームずつ設定することを思えば、遥かに簡単に作業できます。

ぜひ試してみてください。

ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、このブログでも紹介しているPowerDirectorだよ。 YouTubeのメインチャンネル登録者数も、めでたく1000人を突破しました。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!