編集テクニック

動画編集で、エンドロールを再現する方法・やり方 / PowerDirector編

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

映画などで、最後に流れるエンドロール。

これを、動画編集で再現したい… でも、やり方が分からない… とお悩みの、そこのアナタ。

テキストを下から上へ流すので、難しそうにみえますが、実は簡単です。

何を隠そう、尻隠そう。

動画編集ソフトのエフェクトを使えば、いいんです。

これは写真なので動きませんが…

実際には、下から上へテキストが流れていきます。(文字列は、自由に変えることができます)

これは、動画編集ソフトPowerDirectorを使いました。

エフェクトをドラッグアンドドロップするだけで、エンドロールを使うことができます。

…というわけで今回は、動画編集ソフトPowerDirectorを使って、エンドロールの使い方をまとめました。

ぜひ参考にしてみてね。

エンドロールをドラッグアンドドロップ

PowerDirectorには、エンドロールを作れるエフェクトが、たくさん用意されています。

シンプルな真っ黒背景から、パーリーピーポーみたいは背景など、用意されています。

もちろん、自分で背景を準備して、その上に重ねることもできます。

使い方は簡単で、タイムラインへドラッグアンドドロップするだけです。

テキストをカスタマイズ

エンドロールをダブルクリックすると、テキストを自由に入力できます。

フォントの変更や、文字の縁取りなど、細かい調整も可能です。

速さの調整

エンドロールのスクロールする長さは、タイムラインに表示されている長さで変わります。

短いと速くスクロールしますし…

長いとゆっくりスクロールします。

まとめ、エンドロールはエフェクトで簡単

…というわけで今回は、エンドロールのやり方をまとめました。

難しい技術は必要なく、 エフェクトを使えば簡単です。

PowerDirector は値段の割に高機能なので、オススメです。私も愛用してます。

30日間の無料試用期間もあります。

まだ触ったことがないなら、この機会にぜひどうぞ。

YouTube登録者数1000人突破して分かったオススメの動画編集ソフト[PC版]はPowerDirectorです。比較してまとめます。 先日、めでたくYouTubeチャンネル登録者数が、1000人を突破しました! 素人から始めた動画編集で...

ABOUT ME
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、このブログでも紹介しているPowerDirectorだよ。 YouTubeのメインチャンネル登録者数も、めでたく2000人を突破しました。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!