編集テクニック

動画編集で、クロマキー合成に失敗して上手くいかない場合の調整方法まとめ / PowerDirector編

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

動画編集ソフト内で同梱されているエフェクトなら、特に気にする必要はないのですが…

例えば、フリーで公開されているエフェクトを使いたいなら、クロマキー合成が便利です。

動画編集で、アニメーションエフェクト合成する時に背景を透明にする方法 / PowerDirectorのクロマキー合成 何気なく撮ったホームビデオでも、アニメーションのように動く映像を組み合わせることで、ガラリと雰囲気が変わります。 例えば、コ...

だがしかし!

以下のような状況で、悩んだことはないでしょうか。

  • 合成するエフェクトの背景を透明にしきれていない
  • エフェクトの縁に、ノイズのようなモノが残っている

そこで今回は、私が愛用している動画編集ソフト PowerDirector 365を使って、クロマキー合成の調整方法をまとめました。

ぜひ参考にしてみてね。

まずはエフェクトを重ねてみる

まずは、使ってみたいエフェクトを重ねます。

これは写真なので動きませんが、実際には真ん中の光が広がってホワイトアウトです。

ゲームなどで、ボスを足した時の最後みたいな演出です。

このままだと背景が真っ黒のままなので、背景の黒をキーにしてクロマキー合成をします。

これで黒背景が透明になって、クロマキー合成はできたわけですが… よく見ると、エフェクトの縁に黒い背景が少し残ってしまってます。

この縁に残った黒い部分を綺麗にするために、調整をします。

色の範囲・ノイズ除去で調整

まずは、「色の範囲」の値を大きくしてみます。

値を大きくすればするほど、黒に近い色も透明化するので、縁の黒い部分も透明にできます。

続いて、「ノイズ除去」の値を大きくします。

エフェクトの縁に残った、ノイズのような部分が綺麗になります。

これで、綺麗にクロマキー合成できました。

色の範囲・ノイズ除去の値を大きくしすぎると、エフェクトも若干消えてしまう可能性もあります。

これはお好みで調整してみてください。

まとめ。失敗しないクロマキー合成の調整でした

…というわけで、クロマキー合成の調整をまとめました。

クロマキー合成は難しくないですが、エフェクトの縁に背景が残ってしまうことがあります。

その場合は、「色の範囲」・「ノイズ除去」などで調整してやると、綺麗になります。

ぜひ試してみてください。

…ちなみに、この記事でまとめた動画編集ソフトは、PowerDirector 365です。

まだ使ったことがない人は、この機会にぜひどうぞ。

30日間の無料試用期間もあります。

YouTube登録者数1000人突破して分かったオススメの動画編集ソフト[PC版]はPowerDirectorです。比較してまとめます。 先日、めでたくYouTubeチャンネル登録者数が、1000人を突破しました! 素人から始めた動画編集で...

ABOUT ME
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、このブログでも紹介しているPowerDirectorだよ。 YouTubeのメインチャンネル登録者数も、めでたく1000人を突破しました。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!