編集テクニック

動画編集で、倍速再生・早送り速度を20倍速など上げすぎて、プレビューが固まる時の対処方法 / PowerDirector編

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

動画編集をしてて、倍速再生したくなること…ありますよね。

  • 絵面が地味なので、早送りしてしまいたい
  • 定点カメラで撮影した動画を早送りして、タイムラプス動画にしたい
  • …などなど

ほとんどの動画編集で、動画速度の変更に対応していると思いますが…

あまりにも動画速度を上げてしまうと… 処理が追い付かずプレビューが固まってしまうのです。

これは、PCのスペックにも影響しますが… 私の環境では5倍速を超えた辺りから処理が重くなります。

プレビューで確認していると、倍速が始まった時点でプレビューが止まってしまうのです。

以前に編集した動画だと、20倍速再生にしたのですが(0:37あたり)この速度では、当然プレビューが固まります。

…しかし、ひと手間加えて、プレビューが止まらないようにしました。

そこで今回の記事では、この「ひと手間」の方法についてまとめました。

やっぱりプレビューが止まってしまうと、編集がめんどくさくなりますからね。

ぜひ参考にしてみてください。

動画編集ソフトは、PowerDirector 365を使ってます。

とりあえず、20倍速にする

倍速再生させたい動画を選択して、[ツール] – [動画速度]を開きます。

速度を、20倍速に設定します。

これで、動画の再生速度を20倍速にはできますが… あまりにも速すぎて、プレビューが固まります。

これでは編集しづらいので、ひと手間くわえます。

倍速の部分だけ、出力する

PowerDirector 365には、部分出力という機能があります。

タイムラインの黄色いシークバーで、倍速を設定した動画を選択します。

この部分を動画として出力させることで、20倍速の動画が完成します。

20倍速プレビュー動画と、20倍速動画を置き換える

「20倍速の動画」を出力できたら、「20倍速のプレビュー動画」と置き換えます。

「20倍速のプレビュー動画」の場合、処理が重くなるため固まってしまいますが、「20倍速の動画」であれば、既に完成された動画なので固まることはありません。

PCが高スペックの場合は、20倍速プレビューでも固まらないかもしれませんが…

処理が重くなる場合は、動画として出力することで、置き換えることができます。

まとめ。倍速が固まる場合は、動画として出力する

…というわけで、倍速再生が固まる場合の代替案でした。

動画編集をしていると、

(カットはしたくないけど、動画の時間は短縮させたい…)

という場合に、倍速再生は便利です。

処理が重くなる場合は、動画として出力して対処できます。

やり直す場合は、また動画を出力する… という手間はかかりますが、ひとまず動画編集を継続することができます。

PowerDirector 365なら、倍速再生・部分出力ができるので、今回の方法が使えます。

その他にも便利な機能が多く、価格もお手頃なソフトです。

コチラの記事もぜひ読んでみてね。

YouTube登録者数1000人突破して分かったオススメの動画編集ソフト[PC版]はPowerDirectorです。比較してまとめます。 先日、めでたくYouTubeチャンネル登録者数が、1000人を突破しました! 素人から始めた動画編集で...

ABOUT ME
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、このブログでも紹介しているPowerDirectorだよ。 YouTubeのメインチャンネル登録者数も、めでたく1000人を突破しました。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!