編集テクニック

動画編集で 再生速度を遅くして、スローモーションにさせる方法 / Powerdirector編

 

ケロケロ
ケロケロ
こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

動画を編集していて、こんなことを思ったことはないでしょうか?

動画を途中でスローにさせたい…

例えば… コチラの動画です。息子くんを破壊神にしました。

ジャンプする間の再生速度を遅くして、スロー再生させたものです。

手足の動きや 髪の揺れ方など、ゆっくり確認できるので、躍動感が出てい(るような気がし)ます。

 

今回は、動画編集ソフトを使って、スローモーションにさせる方法をまとめます。

ぜひ読んでみてね。

 

この記事で使用している、動画編集ソフト

私が愛用している動画編集ソフトは、PowerDirectorです。

この記事では、PowerDirectorをベースにまとめております。

動画編集ソフト購入に失敗したくないなら… PowerDirector 一択! 簡単に使えてオススメ 動画編集ソフトって… 高いよね… そう… だから、買ってから失敗したくないわけです。 今回は、そんな...

 

もし… 初めて動画編集をやるなら、こちらの記事が参考にしてもらえます。

初めて動画を編集するやり方。必ず知っておくべき 2つのコト。タイムライン・レイヤー 動画の編集をやってみたいけど… 難しそうだなぁ… と思っている そこのキミ! 今回の記事は、そんなキミの悩み...

 

パワーツールを使う

再生速度を変えたい動画を選んで、

[ツール] – [パワーツール] – [動画速度]

を起動しましょう。

パワーツールの起動

 

[ビデオスピードデザイナー]ウィンドウが展開されます。

ビデオスピードデザイナー

 

必要な部分だけ、再生速度を調整する

今回は、ジャンプから着地までをスローモーションさせます。

[選択した範囲]にタブを切り替えて、[タイムシフトの作成]をポチっと押します。

タイムシフトの作成

下のプレビュー画面に黄色い枠が表示されますが、この範囲の再生速度を変えられます。

枠を伸ばして、適用範囲を調整しましょう。

適用範囲の調整

 

再生速度の調節

再生速度の調節は、2通りの方法があります。

  1. 再生速度(可変速)の調節
  2. 再生時間(所要時間)の調節
再生速度の調節

再生する速度を変更する場合は、可変速のバーを調節します。

所要時間を、例えば5秒にしたい場合は、所要時間の数値を[00:00:05:00]にしましょう。

それに合わせて、可変速が調節されます。

 

今回は、再生速度を 1/5(0.2)にしてみます。

再生速度を0.2に

これで、ジャンプしている間がスローモーションになりました。

 

 

再生速度を変えて、動画にメリハリを出そう

今回は再生速度を遅くする方法ですが、同じ要領で速くすることも可能です。

 

再生速度を調整するだけで、動画にメリハリが出ます。

ぜひ試してみてね。

ABOUT ME
ケロケロ
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、PowerDirectorだよ。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!
  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • YouTubeのアップロードまでオールインワン
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!