編集テクニック

filmoraでエフェクトを重ねるだけで簡単!子供が「かめはめ波」も打てる面白い動画編集のやり方

ケロケロ

こんにちは。ケロケロです。

子供の動画や写真… 気が付けば大量に保存されてるし、見てて飽きないですよねぇ。

その子供たちの動画を、もっと面白くする方法があります。

それは… そう、動画編集でござんす。

例えば、コチラの動画をご覧あれ。

コチラの動画は、filmoraで作成しました。

ビームをかわしたり、かめはめ波を出してみたり… 編集が難しそうに見えるかもしれませんが…

難しくありません。

filmoraのエフェクトを、マウスでドラッグアンドドロップしただけです。

正確に言うと、位置の調整や大きさの変更なども必要ですが… これも簡単にできます

…というわけで今回は、冒頭の動画を編集した方法をまとめます。

ぜひ参考にしてみてね。

タイトルコールのバーン

動画の前に、タイトルコールを出してますが… これもエフェクトです。

やったことと言えば、

ドラッグアンドドロップして…

文字を書き換えるだけです。

これでオシマイ。簡単ですな。

このエフェクトは、filmora専用で使えるFilmstockの素材です

転がりながら、攻撃をかわす

続いてこのシーン。

スキー場に行ったとき、息子君が城本クリニックのCMみたいにゴロゴロ転がりだしたので、その動画を使いました。

華麗に攻撃をかわすように、編集したわけですな。

やった編集は、こんな感じです。

  • 動画を倍速再生
  • エフェクトを重ねる

動画を倍速再生

まずは、息子君の動画の再生速度を上げました。

動きを速くして、華麗な動きにするためです。

やり方は、簡単。

動画をダブルクリックして、[スピード] – [一定速度]で、再生速度の調整ができます。

エフェクトを重ねる

息子君の転がりに合わせて、ビームのエフェクトを重ねます。

位置や角度を調整します。

続いて、このビームに合わせて、爆発エフェクトを重ねます。

この爆発エフェクトも、位置や大きさなどを調整しておきます。

これで、「城本クリニックの動きで攻撃をかわす動画」の完成です。

このエフェクトは、filmora専用で使えるFilmstockの素材です

かめはめ波

続いて、「かめはめ波の動画」です。

これも、基本的にエフェクトを重ねるだけです。

まずは、「気」を溜めるシーンですな。

静止画を使って、気を溜める

このシーンは、動画のスナップショットを撮影して、静止画を使っています。

同様の機能で、「フリーズフレーム」がありますが…

個人的には、こっちの方が視覚的に分かりやすいです。

そしてこのシーンに、ドラゴンボールっぽいエフェクトを重ねます。

このエフェクトは、filmora専用で使えるFilmstockの素材です

キーフレームで、エフェクトが手に重なるようにする

続いて、両手に気を集めるシーン。

これもエフェクトを重ねているのですが…

今までと違うのは、「このエフェクトが手に重なるように動かさなければならない」ということです。

子供が手を動かしているので、エフェクトの位置も同じように動かないと、違和感があります。

そこで登場するのが、「キーフレーム」です。

今までより難しくはなりますが… そこまでではありません。

[アニメーション] – [カスタマイズ]で、キーフレームを調整できます。

手が動くタイミングで、エフェクトの位置を調整すると、自動的にエフェクトが動くようになります。

例えば… エフェクトは最初この位置ですが…

手の動きに合わせて、エフェクトをマウスで移動させてやります。

これで手の動きに合わせて移動します。

もしズレてしまった場合は、そのタイミングでエフェクトの位置を調整すればOKです。

今回は手の動きが横にしか動かない直線的な動きなので、キーフレームを使いました。

複雑な動きのモノを追尾したい場合… 例えば、走り回る子供の顔にモザイクをかけたい…と言う場合は、「モーショントラッキング」を使った方がいいです。

キーフレーム・モーショントラッキング、どちらを使うかは、お好みで…

このエフェクトは、filmora専用で使えるFilmstockの素材です

かめはめ波を発射する

そしてフィニッシュは、かめはめ波です。これもモチロン、エフェクトです。

ド派手なかめはめ波もエフェクトなので、ドラッグアンドドロップだけで使えますなぁ。

このエフェクトは、filmora専用で使えるFilmstockの素材です

好みに合わせて、画面を揺らす

気を溜めるシーンや、かめはめ波を発射するシーンは、「衝撃」を演出したいので、画面を揺らしています。

これもエフェクトなので、ドラッグアンドドロップだけで使えます。

まとめ。子供の動画を面白くしたやり方でした。

…というわけでfilmoraを使って編集した方法をまとめました。

素材を探した時間を除いて、純粋に編集した時間だけなら、1時間…いや、30分もかかってないです。たぶん。ちゃんと計算してないけど。

エフェクトが素晴らしいので、この程度の時間で、面白い動画が編集できます。

動画中の音源は、フリーで公開されている素材を使わせて頂きました

filmoraだと、直感的に操作ができるので、編集しやすいです。

ただし…

今回使用したような、ド派手なエフェクトを使う場合、サブスクプランのFilmstockを契約しないといけません。

それなりにコストは必要ですが… 男のロマンである「かめはめ波」が簡単に実現できるので、コスパはかなり良いと言っていいでしょう。

もちろん、それ以外にも魅力的なエフェクトがたくさんあります。

…というわけで、何気ない動画を面白くしたいなら、filmoraがオススメです。

ぜひ試してみてください。

ABOUT ME
ケロケロ
動画編集が楽しいので、情報をまとめてブログにしました。 これから動画を始めたいなら、ぜひ読んでみてね。 オススメの動画編集ソフトは、このブログでも紹介しているPowerDirectorだよ。 YouTubeのメインチャンネル登録者数も、めでたく2000人を突破しました。
動画編集ソフトなら PowerDirector 一択!

  • 直感的で使いやすい編集画面
  • 数百種類のテンプレート
  • 無料の追加テンプレート
  • モリサワフォント10種類同梱

 

私も動画編集で PowerDirector を使ってますが… 最高です!